代表挨拶

当社は1995年に3D-CAD-CAMを導入し、これまで数多くの試作品を加工してきました。
その経験と最新設備を駆使することにより、切削加工の高度化、高品質、短納期を図り新世代の製品開発に貢献できますよう努力しています。
2015年4月より品質管理体制を強化し、新たに測定器2機種を導入致しました。
また、2017年にマシニングセンタを増設及びCNC普通施盤(TAC-510)を導入し、より製造の効率化を図っております。

今後もより一層、お客様のご要望にお応えできるよう励んで参ります。

代表取締役 荒川 昇士

荒川技研 

 

会社概要

会社名荒川技研 株式会社
所在地〒328-0123 栃木県栃木市川原田町1261番地3
TEL.0282-24-5822 (代)
FAX.0282-24-5823
URL:https://a-giken.co.jp/
代表者代表取締役 荒川 昇士
資本金1,000万円
事業内容(1)新製品開発のモデルクリエート
(2)プラスチック製品の総合プランナー
敷地・建物面積工場
敷地 785m2
建物(延)450m2
従業員数10名他(協力会社 10社)
設立1987年10月
取引銀行足利銀行 新栃木支店
栃木銀行 栃木北支店
栃木信用金庫 川原田本店

アクセスマップ

沿革

1986年1月創業開始
1987年10月法人設立 有限会社 荒川技研
1991年4月工場新築移転
1995年1月3次元CADCAMシステム導入 以後 随時導入し、現在5台稼働中
1995年1月9月ファナックマシニングセンタ導入
1996年6月ニューマ・ブラスター導入
2000年4月営業部新設
2002年4月荒川技研株式会社に改組
2002年5月工場増設
2008年9月AERO LAP導入
2009年7月代表取締役交代、荒川昇士が代表取締役に就任
2012年6月画像測定及び検査システム導入
2014年3月CCDカメラ併用型三次元測定機を導入
2015年4月ワンショット3D測定マイクロスコープ導入
2015年4月ハンディプローブ 三次元測定器導入
2017年1月CNC普通旋盤(TAC-510)導入
2017年3月ファナックマシニングセンタ導入
2017年6月平成29年度栃木県フロンティア企業認証
2019年9月生産管理システム導入
COPYRIGHT © 2020 ARAKAWA-GIKEN all rights reserved.