〒328-0123 栃木県栃木市川原田町1261番地3
お問い合わせ
0282-24-5823
0282-24-5822

ワーキングモデル製作

ワーキングモデルとは

開発段階において、内部機構部品の機能確認や性能検証を行う為に製作するモデルのことです。

取付け位置の関係で駆動部品の動きの確認、振れによる干渉がないかチェックし 設計に誤りがないかを検証します。
加工プロセスに合せて、切削ワーキングモデル、光造形ワーキングモデル、注型ワーキングモデルなどがあります。 最近ではデザインモデルを作成せずにワーキングモデルで外観・デザインも一緒に検討することが増えてきています。

実績と加工ノウハウ

荒川技研では長年、ワーキングモデルの製作を行ってまいりました。量産前の納期が短い案件を確かな品質と納期で納めるために様々な効率化を行っています。また、試作・開発の的確なニーズを捉え用途に応じた加工手段、加工工程のご提案をすることも可能です。短納期、高品質を求められるようなワーキングモデルにお応えできるように、さらなる進化を目指し、荒川技研は日々精進いたします。

ワーキングモデルサンプル

ワーキングモデルサンプル
カバーサンプルモデル
材質・・ABS(ナチュラル)
サイズ 左上50×70×25t、右上190×100×45t、右下190×100×20t)

ワーキングモデルなら荒川技研へ