樹脂試作方法の選び方

樹脂の試作方法はいくつかあります。目的に応じた手法の選択が重要です。主な加工方法について紹介します。

加工方法コスト精度納期おすすめロット数
切削加工1~50
真空注型10〜100
3Dプリンター1〜10

試作方法それぞれの特徴

切削加工:寸法や粗さにおいての精度を求める場合。(ロット数 1~50個)
真空注型 :材質は問わないが、まとまった数量を必要とする場合。(ロット数10~100個)
3Dプリンター :寸法や粗さにおいての精度を求めず、短納期を必要とする場合。

COPYRIGHT © 2020 ARAKAWA-GIKEN all rights reserved.