〒328-0123 栃木県栃木市川原田町1261番地3
お問い合わせ
0282-24-5823
0282-24-5822

樹脂 旋盤加工

樹脂の旋盤加工なら荒川技研へ!!

加工対応サイズ:径φ280×L:300mm程度
ロット数:1個〜
材質:一般材〜特殊材まで幅広く対応

CNC普通旋盤による加工サンプル(図面付き)

ネジの精度・形状および連続溝ピッチ間寸法に注意しました。

加工技術者に聞く樹脂旋盤の匠の技術 金属の旋盤と違う3つのポイント

その1. セッティングの難しさ

材料がやわらかいため、セッティング、芯押しの工夫、チャッキングの圧力の工夫が必要です。また、樹脂は金属よりも温度変化による熱線膨張率が10倍です。寸法出しが難しいため、プレヒートの工夫が必要です。それを考慮に入れた上で、粗加工と仕上げ加工に分けて、仕上げ時には伸び縮を計算し加工を行います。そこでいかに精度を出すかが一番むずかしいポイントです。極端な話、朝と夜では温度差で精度が変わります。形状によって加工した後、時間経つと寸法が変わってしまったり、アナログの世界が強いのが樹脂の旋盤業界です。

その2. 切り粉処理問題へのの考慮

ナイロン系の旋盤は切り粉が絡まってくるため、切り粉処理に注意が必要になります。

その3. 自前での刃物製作が必要

金属と違い特殊バイトを使わないと加工できません。細く特殊形状の刃物のため、既製品では販売していなかったり、あっても工具調達納期がかかったりするためです。 その都度製品に合わせた刃物の製作が必要になります。自社製作の特殊刃物による加工が必要となるため、自分用の刃物を作る職人ワザが必要とされます。

切削加工設備 旋盤

メーカー 品名 詳細仕様 台数
㈱滝澤鉄工所 CNC普通旋盤 TAC-510 ベッド振り510 心間仕様1000 1台
KOKAN KIKAI 汎用旋盤 ベッド振り400 心間仕様500 1台

2017年1月 新設備導入 

CNC普通旋盤 TAC-510


樹脂の旋盤加工なら荒川技研へ